分析で日本の未来を担う同士を待っています

代表取締役社長溝口 大作

経歴

1978年
茨城県出身
2000年3月
慶応義塾大学商学部卒業
2000年4月
生命保険会社入社
2015年5月
株式会社分析屋に入社
2015年8月
ライフサイエンス部大将に就任
2017年2月
営業、新規事業立ち上げを担当
2017年以降
管理部長、マーケティング部補佐、経営企画などを担当
2020年2月
代表取締役社長に就任(現任)

環境は自分たちで作る

ー分析屋で働く魅力はどこにあると思いますか?ー
会社を良くしたいという共通の気持ちのもとに、やる気をもって自発的に取り組みたいと思う人にとって魅力的な社風になるよう、会社として努力しています。分析屋では、若手やベテランなど社歴や立場は関係ありません。立場によって人員の配置や意見の取り上げ方などを変えるのではなく、各社員へのヒアリングと会社からの期待の両方を加味したうえで適材適所を目指しています。皆さんが持っているスキルを存分に活用できる場をご用意していますので、入社後も会社に対してアピールし続けることを忘れずにいてほしいですね。
また、分析屋は未完成な企業です。そのため、仕事の進め方や社内制度といった環境は自分たちで作っていけばいい。それを楽しめるのが分析屋であり、切磋琢磨し合える仲間がここにはたくさんいます。
データ分析業界は成長性のある業界です。少しでも興味をお持ちいただけたら、是非一度お話しましょう。

会社のことを自分事として捉えてほしい

ー社員に対する思いを教えてくださいー
会社のことをできるだけ自分事として捉えられるようになってほしいです。
そうすることで仕事がより面白く感じることができますし、そうすることで世の中や顧客の問題解決にもつながっていくのではないでしょうか。例えば、自分の意見を出して、それが承認されると、会社の意思決定の一端を担うことができますね。また、社内の方が解決への情報が揃っていますし、社内の問題について考えることは社外の問題解決の練習になるとも思っています。
最近の事例としては、コロナ禍で社内コミュニケーションがうまくいっていない問題に対して、社員がGoogleのSNSサービス「Google Currents」を立上げないかという案を出してくれました。ルールや運営方法を決めるのは大変だったと思いますが、今ではイベントなども開催して、社内コミュニケーションが大いに活性化するようになり、コミュニケーション課題は改善へ向かっています。
私自身、社員が自発的に動いてくれていることに対しては、なるべく否定せずに受け入れるようにしています。すべてを実現することは難しくても、意志を尊重することで社員がモチベーション高く働いてくれたら嬉しいですね。

仕事は人生を彩るための長期間のイベント

ー溝口社長にとって仕事とは何ですか?ー
人生を彩るための長期間のイベントであると考えています。自分の趣味の世界では出会うことのないような面白い人にも出会うことができますし、人間的に常に足りていないことを試されているようで、自分というものに向き合うために良い題材が提供されていると感じています。商売の観点で考えれば、より便利で役に立つことを世の中の人に提供できるようになりたいですね。プロジェクトが無事に成功した際などにお客様から評価の言葉をいただいたときには、自分が携わっていなくても社員と同じように嬉しい気持ちになります。

ヒストリーを大切にして、波に乗る

ー人生で大切にしていることや座右の銘を教えてくださいー
「ヒストリーを大切にして、波に乗ること」です。色々とがむしゃらに頑張ろうとしても、ヒストリーを理解せずに強引に物事を進めようとしたり、波に乗り遅れたりすると、前に進みにくくなることが多いと感じています。できるだけ流れに逆らわずに素直なカタチで物事を進められるようにこの2つのことはかなり意識しています。究極の話、上手くそこを掴めていると、どのような状況であっても物事がうまく進むように感じています。

私たちのビジョン

現在は未来から見た過去です。現在の行動の積み重ねが未来を創ります。
ではどんな行動がより良い未来を創っていくのか? データ分析で最適解をご提供致します!

会社概要

社名
株式会社分析屋
本社所在地
神奈川県藤沢市藤沢484-1 藤沢アンバービル4階
代表取締役
溝口 大作
取締役
佐藤 章太朗
白畠 弘之
監査役
岡 朋宏
事業内容
データ分析
システムインテグレーション
主要取引銀行
三井住友銀行
会社設立日
2011年8月15日
従業員数
125名(2022年3月現在)
資本金
1,000万円

会社沿革

2011年
08月
株式会社分析屋 法人設立
11月
神奈川県藤沢市鵠沼東1番1号玉半ビル3階湘南インキュベーションルームNo.7 へ本社移転
2014年
06月
神奈川県藤沢市藤沢697番地1藤沢商工会館3階湘南藤沢インキュベーションセンターNo.12 へ本社移転
10月
資本金を300万円に増資
11月
神奈川県藤沢市藤沢551番地1日進ビル6階 へ本社移転
2016年
06月
神奈川県藤沢市藤沢484番地1藤沢アンバービル4階 へ本社移転
2018年
06月
資本金を1000万円に増資
2019年
12月
SHIFTグループに参画
2020年
02月
溝口大作が代表取締役に就任
03月
事業拡大に伴い分析屋本社増床

グループ会社

アクセス

JR線「藤沢駅」北口より徒歩約2分。

株式会社 分析屋
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢484-1
藤沢アンバービル 4階
TEL.0466-90-3288

あなたの問題解決をする

ー経営理念ー
私たちはデータ分析を目的とするのではなくその先にある「顧客の課題解決」を目的としています。データ分析は、あくまで課題解決の手段にすぎません。ただ、データ分析はこれまでの常識を打破しより速く、より正確な意思決定を可能にする手段であるため現代においては、どの業界でも必要不可欠なものとなっています。その分野で我々は、日々お客様に向き合い世の中のあらゆる課題解決を支援しております。

おもてなしの精神

ー行動方針ー
ただ依頼された業務をその通りにこなし分析結果をそのままお渡しすることは、ただの集計作業にすぎません。私たちが提供するのは分析結果に「おもてなし」を添えてお伝えする課題解決支援サービスです。例えば、難しい分析手法を用いたとしてもお客様に分析結果を活用していただけなければ、意味がありません。分析屋では、分析結果にどのような意味があるのかそこからどういった判断ができそうなのかを併せてお伝えするまでがデータ分析支援のあるべき形と考えております。

分析で日本を元気に!

ー理想ー
日本には、世界に誇るべき技術や文化が多くある一方、少子高齢化や経済活動の衰退などの課題が山積みです。分析という手段を用いて、こういった課題を一つずつ解決していくことでより良い社会を実現することができると信じています。分析屋では、様々なバックグラウンドを持つ方がそれぞれの場所で働いていますが皆、「よりよい社会にしたい」という思いは一緒です

数字で見る分析屋

2022年3月17日現在

2022年3月17日現在

TOP
TOP